COLUMN

【人材不足にお困りの企業様】健康経営優良法人認定制度をご存知ですか?

その他各種支援

2018.08.24

現在、人材不足という課題をお持ちの企業様が多いです。その課題の解決策の一つが、「健康経営」です。「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営課題として捉え、健康増進を重視して経営を推進していくものです。

「健康経営」を実践した成果を顕彰する「健康経営優良法人認定制度」が、経済産業省にて整備されています。

1.健康経営優良法人認定制度とは

優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

※経済産業省ホームページ「健康経営優良法人認定制度」より抜粋

詳しくはコチラ(経済産業省_健康経営優良法人認定制度)をご参照ください。

尚、健康経営優良法人認定制度には、「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」があります。認定法人数は、日本全国で大規模法人部門539法人、中小規模法人部門775法人です(2018年8月1日現在)。

当社も2016年度から「中小規模法人部門」にて認定されています。また、当社の健康経営の取り組みを近畿経済産業局に評価いただき、同ホームページに先進事例として掲載いただいております。

2.認定を取得するメリット

1.求職者へのアピール

最近の学生向けの調査では、健康的に働ける会社に勤めたいという希望が非常に高いという結果が出ています。そのため、健康経営優良法人認定制度を取得することで、健康経営に取り組む姿勢や成果を見える化することが効果的です。

2.企業イメージの向上

従業員を大切にするという企業イメージを高めることで、顧客からの信頼性向上やファン獲得といった効果も期待できます。

3.認定までのスケジュール

経済産業省で公表されているスケジュールは下記のとおりです(2018年8月23日現在)。

健康経営優良法人の認定は、毎年更新が必要です。そのため、健康経営の継続的な実践が要求されます。

4.当社の支援内容

■認定の取得に向けた取り組みの提案
■認定取得申請書の作成支援

詳しくはコチラをご参照ください。

一覧へ戻る