健康経営優良法人の認定支援

働き方改革に取り残されないために

「健康経営優良法人」認定制度(中小規模法人部門)とは

健康イメージ

健康経営優良法人とは、優良な健康経営を実践している企業等の法人を経済産業省が表彰する制度です(中小企業向けに、中小規模法人部門があります)。

社内の従業員だけではなく、求職者、関係企業、金融機関などから社会的に評価を受けることができる環境を整備することが目標です。

「健康経営優良法人」認定のメリット

健康経営優良法人の認定書

メリットは大きく次の2つです。

1.企業イメージ向上による効果的な採用につながる。

求職者の視点で見た場合、職場環境は入社するか否かの重要な判断材料となります。

健康経営優良法人の認定を受けた場合、それは「従業員の健康を考えた企業」という証明であるため、求職者にとっては大きなプラスの判断材料になります。また、ロゴマークを表示することができますので視覚的に職場環境の良さをPRすることもできます。

2.従業員のモチベーション向上につながる。

健康経営を実践している企業は、社内の従業員から見ると「自分たちの健康や働き方への配慮」が実践された職場として感じることができ、信頼関係の構築につながります。信頼関係が構築されれば、それは高いモチベーションにもつながるのです。

これからの日本の労働者人口を考えた場合、雇用の安定は不可欠です。職場環境を改善すると雇用が安定し、離職者の減少につながります。中小企業にとっては決して小さな問題ではないのです。

おすすめのケース

健康経営優良法人の認定取得は次のようなケースで特に有効です。

1.職場環境の改善を考えているケース

残業過多の禁止、オーバーワーク改善、育児休暇・・・近年の働き方改革による労働環境の変化は劇的に変化しました。その変化に対応できない企業は、社会に取り残されている言っても過言ではありません。

しかしながら、社内の力だけではなかなか改善するのは難しいといえます。「健康経営優良法人」認定の支援は、最小限の負担で職場環境の改善を実現できます。

2.採用活動にお悩みのケース

事業を継続、あるいは、拡大する場合、人材確保は避けては通れません。若者の労働人口が減少している今、ますます”人材の取り合い”が激しくなるでしょう。

そんな中、求職者からの見た場合、健康経営優良法人であることの影響は決して小さくありません。

実際、健康経営優良法人の認定取得を目指している中小企業の採用担当者が増加しています。

スケジュール(2020年度の場合)

支援内容と費用

※1 支援内容は予告なく変更する場合があります。 ※2 認定を保証するものではありません。 ※3 既定エリア外でご支援させていただく場合は、別途費用を頂戴致します。

「健康宣言」認定制度 ~まずはここから~

健康宣言とは、健康経営に取り組みやすいように全国の健康保険組合が用意している認定制度であり、認定証が交付されます。比較的簡単な内容となっていますので、まずはこの「健康宣言」から始める企業が多くあります。

健康宣言の認定書

具体的には次の取り組みを宣言します。※以下、全国健康保険協会「健康宣言」より抜粋

■必須項目

・健診を全社員受診
・法令を遵守

■選択項目(下記より3項目以上選択する)

1.ご家族にも健診プロジェクト
 (協会けんぽから従業員のご家族(40歳以上)に「健診受診を勧めるレター」が送られます。)
2.受診勧奨の取り組み
3.ストレスチェックの実施
4.健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)
5.管理職及び一般社員それぞれに対する教育機会の設定
6.適切な働き方の実現
7.コミュニケーションの促進
8.病気の治療と仕事の両立支援
9.保健指導の実施
10.食生活の改善
11.運動機会の促進
12.受動喫煙対策(禁煙又は分煙)
13.社員の感染症予防
14.長時間労働への対策
15.メンタルヘルス不調者への対応
16.女性の健康保持・増進に向けた取り組み