COLUMN

まもなく公募開始です!!「ものづくり補助金」採択に向けて、事前準備は万全ですか?

補助金・助成金の活用

2018.01.31

制度開始から過去5年間で、延べ5万社以上の企業が採択されている「ものづくり補助金」についてのお知らせです。

「ものづくり補助金」の申請準備はお済みですか? 今回の予算額は1,000億円、全国で約1万社が採択される見込みです。

「ものづくり補助金」採択への鍵は、いかに申請準備を進めるかにかかっています。

公募要領が発出される前に、準備を万全にしておきましょう。

ものづくり補助金の概要


 ※1 10者まで連携できます。さらに200万円×連携体参加数を上限に連携体内で配分が可能です。
 ※2 要件を満たせば補助率が2/3になります。

今回の「ものづくり補助金」の特徴

① 企業間データ活用型の新設
② 専門家支援による補助額アップ(上限30万円)
③ 一般型の補助率が 1/2(但し要件を満たせば2/3)
④ 小規模型は小規模事業者の補助率が2/3、小規模事業者以外の補助率が1/2
⑤ 認定支援機関による採択後のフォローアップ強化  など

事前準備のポイント

1、導入設備の検討

「ものづくり補助金」の申請書を作成するには、導入する設備を明確に決めておく必要があります。準備期間の間に導入する設備を決めておきましょう。

2、資金の調達

採択された後に補助金が採択された企業に入金されるタイミングは、補助事業が終了した後になります。

採択から補助金が入金されるまでの流れは以下の通りです。
採択 ⇒ 補助事業開始 ⇒ 設備導入 ⇒ 設備導入費の支払い ⇒ 補助事業終了 ⇒ 補助金入金

資金の調達は、自己資金か、金融機関から借り入れるのかを検討しておきましょう。

3、申請書の作成

「ものづくり補助金」申請で問われる申請要件や審査項目は、毎年多少の違いはあるものの、本質的な部分は変わりません。よって、公募要領が発出される前から補助対象事業の内容を検討して、申請書の作成を始めておくことをおすすめします。

4、各種計画の申請と認定

経営力向上計画」の認定による導入設備の税制優遇、「経営革新計画」の申請による「ものづくり補助金」の補助率UP(1/2→2/3)など事前の準備を進めておきましょう。

5、外部委託の検討

補助金は「採択」されなければ獲得することができません。申請書作成に時間を費やし、その上「採択」されなければ、申請に費やした時間がムダになってしまいます。
そのような状況を回避する為に、「北浜グローバル経営(当社)」の活用を是非ご検討ください。

当社を活用するメリット

① 採択の可能性が高まります
② 申請者(経営者)様の書類作成に係る負担が軽減されます
③ 実質無料で申請できます ※3

当社をご利用いただくと

① 初回相談無料
② 着手金無料  ※4
③ 成功報酬金11% ※5

※3 業務開始時に10万円お預かりいたします。採択時は成功報酬金に充当し、不採択時には全額返金いたします
※4 当社が設定する地域によっては、遠方対応費用を別途頂戴いたします
※5 成功報酬は交付決定通知額の11%(消費税別途)成功報酬額の下限は90万円です

別途、当社のサポートプランである「ベストパートナー支援」にご契約いただくと、補助事業終了後の支援(各種提出書類の作成支援等)もさせていただきます。
詳しくは、お電話(06-4963-3106)、もしくはお問合せフォームからお問合せください。

一覧へ戻る