CASE

事業計画策定、各種補助金・認定制度への申請支援

補助金・助成金申請支援

2018.12.17

株式会社マルユウ食品

業種:食料品製造業

所在地:大阪府泉南郡

設立:1988年10月

資本金:1,000万円

1.支援内容:事業計画策定
 1)「課題の抽出」、「施策の立案」
 2)「ものづくり補助金」、「経営力向上計画」、「先端設備等導入計画」申請支援

2.支援期間2018年2月~2023年2月(5年間)

従来の課題

1988年に設立して以来、機内食向けに食肉の加工・卸売り事業を主として、冷凍食品会社や給食会社などの顧客を増やしてきた。取り扱い商品は、牛、豚、鶏肉で、それぞれ輸入および国産がある。枝肉や部分肉を仕入れ、取引先が機内食や給食等で使用できるよう、スライスやカットを行い納入している。

最近では、食肉に対する新たなニーズとして、ふるさと納税の返礼品における委託加工や量販店の惣菜用に肉の味付けまでを行い、納入するケースが増加している。しかし、(株)マルユウ食品では、生産能力の限界から顧客の要望に応えきれていなかった。

支援に至った経緯

北浜グローバル経営では、こうしたニーズに対応できるよう、まず「課題の抽出」と「施策の立案」を行った。委託加工の増加により対応できていない注文数が多くあること、また中小の食肉卸では味付け加工を行っているところは少なく、伸ばせる市場である点に着目し、2台の機械装置導入が必要と判断した。多額な設備投資となることから「ものづくり補助金」、「経営力向上計画」、「先端設備等導入計画」の活用を薦め、これらの支援を一貫して行った。

支援内容

北浜グローバル経営には様々な領域の専門家が在籍している。今回は食品分野の専門家が「施策の立案」を基に事業計画を策定し、各種申請支援も行った。結果として、事業計画である課題・取組内容・効果・スケジュールが可視化され、今後のビジョンも明確なものとなった。また、経営者は頻繁に海外出張もあり多忙であるが、経営課題に取組む負担軽減を考えて支援を徹底したことから、すべての事業計画が円滑に遂行できた。

成果と今後の展望

「ものづくり補助金」は、国に事業計画が評価され、「ものづくり補助金」1,000万円が交付された。また「経営力向上計画」が認定されたことにより、法人税の優遇措置(即時償却または10%税額控除)等を受けることができた。更に、泉南郡に「先端設備等導入計画」が認定され、固定資産税の優遇措置(3年間固定資産税0)を受けることができた。そしてなにより事業計画に沿って設備投資を行ったことから、顧客からの増産要望に対応出来る体制が整った。さらに量販店の惣菜向け加工に対して、味付け加工のニーズに応えることもできたため、付加価値の向上が成された。今後は、ニーズに対する新サービス提供、及び受注増の要望に対応すると共に、5か年の事業計画達成に向けて各施策を実行していく。

経営者のコメント

北浜グローバル経営の支援を受けて、課題等が浮き彫りになり、ビジョンが明確になった。事業計画策定の中で、中小企業にとっての有効施策がたくさんあることを知った。業務の多忙により、申請書作成に掛ける時間はなかったが、煩雑な作業もサポートしていただいた。結果として、すべての申請書が採択・認定され、事業計画のとおり、労働生産性、付加価値額が向上した。本事業計画達成により、当社は商品の一つひとつの安全が、消費者の食の安心につながり、食品業界を取り巻く環境も明るい未来の方向に進んでいくと信じている。

一覧へ戻る